社長のつぶやき

あなたを助けてくれる人が現れる

2021.06.29

皆さんはどん底に落ちた経験はあるでしょうか?

どうせ落ちるなら、どん底まで落ちる方がいい。

というのもどん底とは、自分ではどうにもならない絶望状態です。

そこでしっかり絶望すること。

「限界だ。おれには、もうどうにもできない」

と思い知ると、なぜかそこへあなたを助けてくれる人が現れるのです。

思い上がりが消え、受け入れる力が大きくなるからです。

まわりにいて自分を助けてくれている人の存在に気づく。

職場の上司や同僚、あるいは部下。

またお客さん、取引先。

ご両親や奥さん、友人など。

いかにこの人たちが

自分を支えてくれていたか、今さらのように気づくのです。

すると感謝の気持ちがわいてきます。感謝というのは、心のとてつもないプラスエネルギーなのです。

ですからあらゆる宗教が、苦しみのどん底であえぐ人たちに「感謝しなさい」と説いてきました。

どん底や逆境に感謝できる人が、どん底、逆境に助けられるのです。

皆さんもどん底や逆境のときほど、感謝することを大切にして行くことで必ず道は開けます。