社長のつぶやき

95パーセントは、一生苦労が続く

2021.06.07

《人生でもっとも悲しいことのひとつは、死ぬ間際に振り返って後悔することだ。もっとすごい人になれたのに、もっと何かできたのに、もっと所有できたのに、やれるとわかっていたのに、と。》(ロビン・シャーマ)

平凡な生き方を離脱して、自分の能力をフルに使って最高の人生を生きたい。

これは、人類史上最大の難関であり、全人類共通、不変の願いである。

言い訳をやめて正しい行動をとり、ベストを尽くして望み通りの人生を叶える。

ほんのひと握りだけが享受できる無制限の人生だ。

残念なことに、およそ95パーセントの人々は、理想とする人生のはるか下のラインで妥協している。

もっと上にいきたいと願い、後悔しながら生きている。

本当は、望んだことはすべて叶えることができたはずなのに、それを知る由(よし)もないのだ。

アメリカ社会保障局のデータによると、100人のキャリア開拓から40年間、引退の年齢までを追跡すると、こんな結果になるという。

裕福な人…1名

経済的に安定している人…4名

何らかの事情でしかたなく働き続けている人…5名

死亡した人…35名

経済的に困難で友人家族親せきや政府の世話になっている人…54名

あくまで金銭面の話だが、自由がきく人生を築くことに成功した人はわずか5パーセント。

残りの95パーセントは、一生苦労が続くということだ。

だから、しっかりと考えて答えを出すべき自分への質問はこれだ。

95パーセントの人のような苦労をしなくてすむために、今できることは何か?