社長のつぶやき

逆境とは...

2021.05.30

『逆境というものは、自分が自分自身に与えた試験問題のようなものです。

その逆境には重要な意味が隠されており、その問題を解くことによってワンランク上の人間に成長できる。

だからこそ、自分自身でその逆境を選びとったのです。

人間は自分のレベルに応じて、自分にふさわしい試練というものを選びとって生きています。

自分の力で解決できないような試練は選びません。

目の前にある状況がつらければつらいほど、苦しければ苦しいほど、その人はその試練に立ち向かうに値する人間だと言えるのです。』

人生は航海にたとえられる。

「船は港にいる時、最も安全であるが、それは船が作られた目的ではない」 (パウロ・コエーリョ)

嵐や高波を恐がって海に出なければ、ずっと港にとどまっていなければならない。

しかしながら、船は海原に出るためにつくられている。

一旦港を出れば、穏やかだった海が急に表情を変え、一転にわかにかき曇り、雷鳴とともに滝のような大雨が降ることもある。

またある時は、嵐となり、奈落(ならく)の底まで落とされるような大波に遭遇することもある。

そんな逆境を何度も乗り越えたとき、優秀な船長と船乗りが育つ。

逆境は、自分が自分に課した試験問題。

乗り越えられない試練はやってこないと肚を括(くく)り、人生の荒波を乗り切っていきたい。