社長のつぶやき

理想の自分がありますか?

2021.04.17

理想の自分がありますか?


本音と建前という言葉があるように、

人間の中身とうわべはちがうものです。


これは何も悪いことではありません。


自分を抑えて他人と協調したり、

社交的に装ったり、ときには自信満々に

振る舞うといった演出は、社会生活を

上手く営む上でも、組織をスムーズに

運営していく上でも、必要不可欠な要素です。


本当は真面目なのに世間で

不真面目だという評判が立つより、

真面目でなくても「あの人は真面目だ」

という評判の方が重要です。


本当は責任感の塊なのに

無責任と思われるより、

責任感がそれほどなくても

「あの人は責任感の強い人だ」

と思われることが大切です。


つまり、役者のように自分が演じる役の

評判が、本来の中身よりも重要なのです。


上司や同僚、部下からあなたは

どのようなイメージを持たれて

いるでしょうか?


今よりさらに、良い評判がほしければ、

客観的に自分の能力、言動、信頼性、

人間性をチェックして、自分がどう

あるべきかを考えデザインするのです。


イメージデザインができれば、

あとは忠実に演じ続けるのです。


そうすれば、やがて

本物になるはずです。


まずは、役者になりきってみましょう!