社長のつぶやき

「自分がいかに恵まれているか」

2021.04.06

人は、歯が痛くなってはじめて、歯の存在に気づく。

いかに、今まで何も文句も言わずに働いてくれていたことが分かる。

たった一本の虫歯でさえで、食事ができなくなるのだから。

「ありがとう」の反対は「あたりまえ」だと言われる。

体の中の「心臓」や他の「臓器」が24時間動き続けるのも「あたりまえ」。

虫歯になったときはじめてその「あたりまえ」の「ありがたさ」に気づく。

「ありがたい」とは「有り難い」。

「有り難い」とは、この世に有(あ)ることが難しい、稀(まれ)であること、奇跡のようなこと。

心臓が四六時中動いているのは、本当は「奇跡」のようなことなのだ。

だからこそ、その「奇跡」に対して「ありがとう」。

痛くならない「歯」に、24時間動いてくれている「心臓」に、「膵臓」に、「肝臓」に、そして自分の「体」全部に「感謝」をすること。

そして、体だけではなく、自分が今日一日、事故にも会わず、病気にもならず、事件にも巻き込まれなかったとしたら、これほどの奇跡はない。

つまり、生きているのではなく、生かされている自分に気づくこと。

「自分がいかに恵まれているか」

毎日の幸せに気づき、「ありがとう」と感謝多き日々をおくる人でありたい。