社長のつぶやき

文句を言う前に、まずは「ありがとう」

2021.03.18

人は何度も生まれ変わるし、どんな困難でも乗り越えられるんです。

だから、必ず未来は明るいと、見ることだね。

「先は不安しかない」と言っている人と、「そんなことはない、明るい未来を見よう」と言っている人の「違い」だよね。

未来は明るいと思うと、不思議だけど、本当に明るくなるもんだよ。

言霊の通りなんだ。

「今日もご飯がおいしくて幸せだな」「あなたの笑顔を見ると元気になるよ」そんな前向きな言葉を話すことです。

人に話せないなら、自分ひとりのときに、天国言葉(ついてる、うれしい、たのしい、感謝してます、しあわせ、ありがとう、ゆるします)を何度も呪文のように言ってもいいの。

今からでいい、いい言葉を話してごらん。

それから、感謝を忘れないことだよね。

日本という国は、本当にありがたいんです。

それに感謝することだよね。

国はさ、ひとりに10万円も配って、マスクだってくれたんだよ。

安倍元総理もなんとか国民を守ろうと、がんばったんだよ。

それに文句を言う前に、まずは「ありがとう」と感謝をすることです。

一人さんはどんなに税金を払っても、文句は言わないよ。

そのお金で日本をよりよく変えてくれれば、うれしいんです。

医療従事者に感謝することはもちろんだけど、国や政府にも感謝することだよ。

そして、日本に生まれたことをありがたく思うこと。

その思いが、未来を明るくするんです。   斎藤ひとりさん