社長のつぶやき

《念ずれば花ひらく》

2021.03.04

坂村真民さんは、1909年熊本県に生まれました。

8歳のときに小学校の校長であった父親を亡くし、失意と貧乏のどん底生活に陥ります。

広い庭をもった屋敷から一家6人は、村はずれの小さな藁(わら)小屋の家に移り住むようになります。

家は雨が降れば、6人が寝る場所もないほど雨漏りがひどい有様。

履く物は自分でつくり、生きていくために母親の内職を手伝うという貧乏生活でした。

真民さんは5人兄弟の長男として、母親を助け、弟妹たちの世話もし、幾多の困難を乗り越えていきます。

そんな困窮する生活のなかでも、真民さんが望むように、母親は中学、さらにはその上の学校に進ませてくれました。

真民さんは、国語教師をしながら詩作を続け、多くの人に愛される詩をたくさん残しました。





次の詩は、真民さんが40歳を越え、身体を病み、失明しかかっているときに生まれたものです。

苦労に苦労を重ね、愛情深く育ててくれた母親の生きる姿が、生きる原点となっています。




《念ずれば花ひらく》

念ずれば

花ひらく

苦しいとき

母がいつも口にしていた

このことばを

わたしもいつのころからか

となえるようになった

そうしてそのたび

わたしの花がふしぎと

ひとつひとつ

ひらいていった

この詩は、これまで多くの人を慰め、励まし、勇気づけてきました。

ある親子はこの詩で、もう一度生きる決意をしたそうです。

その母親は、真民さんの詩が好きでよく子どもに読んできかせていました。

ところが、ある日、生活が苦しく将来への希望をなくし、子どもをつれて死のうとしました。

まさにその時、子どもが覚えていたのでしょう、

「念ずれば花ひらく」

というこの詩の一節を、独り言のようにつぶやいたのだそうです。

母親は、ハッとして死ぬことを思いとどまったというのです。

真民さんは2006年に97歳で永眠されました。

「念ずれば花開く」は多くの人に共感を呼び、その詩碑は全国、さらに外国にまで建てられているそうです。

自分の願いを言葉にすると、夢や目標が明確になります。

すると気持ちが明るくなり、力もわいてきます。

希望が生まれ、もう少しがんばろうという意欲がでます。

そうして、ひとつひとつ行動していくと、ひとつひとつ願いがかなっていくのです。