社長のつぶやき

「漂えど、沈まず」

2021.02.08

「悠々(ゆうゆう)として急げ」

という言葉がある。

この「ゆっくり、いそげ」と同じラテン語だが、こちらの訳も深みがある。

不世出(ふせいしゅつ)のアマチュア・ゴルファーと言われた中部銀次郎や、作家の開高健が好んだ言葉だ。

二人とも、「悠々として急げ」という題名で本も出版している。

ゴルフはスピーディなプレイをしなければまわりが迷惑する。

だから急がなければならないが、しかし、悠々として、王者のごとく急ぐこと。

余韻の残る王者のゴルフをめざすなら。

人生は結局、どっちの道を行っても同じ、どの列に並んでも同じ、と肚をくくること。

間違ってもうろたえて、人数が少なそうな列に並び変える、などということはしてはいけない。

また、開高健は、

「漂(ただよ)えど沈まず」という言葉も好んだ。

パリ市の紋章に書かれているラテン語だという。

長く続く歴史の中で、パリ市は戦争に翻弄され続けた。

ある時は他国に占領され、あるときはテロ攻撃にさらされた。

しかし、まさに「漂えど、沈まず」だ。

人もまた、かくのごとし。

世の中が騒然とすればするほど…

異常事態になればなるほど…

「漂えど、沈まず」

王者のごとく…