社長のつぶやき

「老いては子に従え」

2020.12.23

皆さんは、自分の考えを貫き通しているでしょうか?


昔のことわざに「老いては子に従え」という ものがあります。


これは、「年を取ってからは、何事も子に任せて 従った方が良い」という意味です。


人というものは歳をとると頑固になります。


そして時代も変わります。


同時に、いつまでも子供だと思っていた 我が子も成長します。


そのため、我を通すよりも子供の言う事を 聞いた方が、家庭も円満になるし、


その方が自分も幸せになる、という事でしょう。


しかし、従うということは、


老いた自分を認めてしまった証拠。

60歳で定年を迎えたとしても、


まだまだ人生半ば。


それどころか、豊かな時間を手に入れ、 やりたいことを存分にできる輝かしい ネクストステージなのです。


それなのに、人生に燃え尽きてしまい、


夢も持たず子供に従うなど、勿体無い。


いくつになっても、子に従ってはいけません。


いつまでも夢に果敢にチャレンジして、 お互い人生を積極的に生きていきましょう!