社長のつぶやき

「努力を続けられる才能」

2020.02.10

天才たちを見れば、誰でもきちんと努力をしている。

こんな言葉もある。

《天才とは、ただ、努力の継続ができる人のことをいう》(エルバート・ハバート)

なるほど、天才は努力を続けられる人のことかもしれない。

ぼくが次に思ったのはこうだ。

では自分には、その「努力を続けられる才能」がないのではないか?

ぼくは今、才能も努力という言葉も誤解されて使われていると思っている。

才能というのは天から与えられるようなものではないし、努力は歯を食いしばるような苦しみのことでもない。

●才能は「与えらえる」ものではなく、努力を続けた後に「作られる」ものである。

●その努力は、習慣にしてしまえば継続できる。

●その習慣の方法は、学べるものである。   佐々木典士