社長のつぶやき

「ゆたかさを呼び込む知恵」

2019.11.02

旅とは、目的地へ行くことではないんだよ。

だから、目的地をかえたって別にいいだよ。

道中を楽しむことが「旅」なんだから。

だから、途中、いろんな話をしながら、

「佐野のサービスエリアに行ったら、辛さ十倍カレーを食べようか」とか、

「お昼はどこの店に行って何を食べようか」とか、

最初は五目そばにしようと思ったけど“鉄の決意”がぐらついて、

「やっぱり、天丼にしよう」とかってなる。

ときには、いっしょにドライブしている人から、人生について質問されて、

それにこたえているうちに、次に書く本のテーマがひらめいたりね。

そんな「旅」がオレにとって楽しいことなんだよ。

質問にこたえたり、本が出ると、喜んでくれる人がいるんだよ。

喜ばれるようなことをしていると、オレは楽しいの。

そんなことをして道中、楽しんでいるんだよね。

人生も、同じなんだよ。

魂のふるさとへ帰るまでの道中をいかに楽しむか、なんだよ。

そうやって心を楽しくして生きているとね。

「思い」がゆたかだと、知恵がわくように出てくるの。

それも、「ゆたかさを呼び込む知恵」がね。

逆に「思い」をまずしくして日々を過ごしているとね、まずしくなるような知恵が出てきちゃうんだよ。

だから、やることなすことすべて、まずしくなるような方向にもっていかれちゃうんだよ。 斎藤ひとり