社長のつぶやき

一体一如

2022.05.10

「一体一如(いったいいちにょ)」という禅語があります。

相手(モノや人やコト)とひとつになることです。

共感力があり、ひとつことに没入し、対象と一体となることができること。

自分の我というエゴの心があるうちは、一体になることはできません。

こだわりを捨てること、執着を捨てること、なりきること、比較しないこと、立場を捨てること。

そして、対象と一体になる事が出来るんですね。

すると違う世界が見えてきます。

自分が世の中だと思う…

自分が相手だと思う…

自分が親(子ども)だと思う…

一体となった人は、素直で自然体です。

一体となっていない人は、嘘くさくて、空々しい。

すべてにわたって、自分事として行動できる人であり続けたいですね。