社長のつぶやき

口癖

2022.05.03

気をつけてね」が口癖の人は、その「気をつける事」をイメージする時は、あなたがその事…トラブルや事故や病気…が大好きで選んでいる事になります。

「気をつける事」は「事故やトラブルに遭ってね」と言っているのと同じなのです。

航空会社が飛行機から降りる時、「皆さま、今日も風邪などひかないよう気をつけてお過ごし下さい」と言うのは「風邪をひいてお過ごし下さい」と言っているのと同じ事になります。

いつもイメージしたり、イメージさせたりすると、そのイメージが鮮明なほどそれがやってきます。

だから、 「今日も一日笑顔のある楽しい一日でありますように祈ります」とか、 「今日一日が順調な日でありますように」といった笑顔と健康と繁栄をイメージできる言葉で送り出す事が大切です。

日本人は「不幸にならないように」「失敗しないように」「人に迷惑をかけないように」というように生きる不安習慣を身につけています。

それでは毎日失敗しないように、失敗しないように緊張して生きてゆかねばなりません。

人生を楽しめません。

「そら、言った通り気ィつけんから不幸がやってきただろう」と言ったりしますが、 私にしたら「あなたが、そちらに水を引いたんだよ」という事になります。

毎日口にしている事、思っている事の五割以上が、マイナスの感情やうまくいかない事への心配事だとしたら、その方向に自分の人生を望んでいる事になります。

それは、あなたが不幸や心配や失敗が大好きだから、いつもその事を口にし想っている事になるからです。

もし笑顔や裕福や楽しい事が好きならば、友人、家族、会社の人々、嫌いな人々にでさえも笑顔が満ちているように、いつも想い祈って下さい。

一日の五割以上をその楽しい想いで占めて「少年時代のようにワクワク」して人生の大部分を過ごしてゆけるように「良かったと感謝」を口癖にして下さい。

一人だと憂鬱になる人は、元気のいい笑い合える友を増やしましょう。

また逆に友人に「大丈夫、大丈夫」って言ってあげられる明るい友に自分がなりましょう。

そうするとあなたは「明るく、楽しく、元気な人」になってゆきます。

その上、落ちついて、物事に淡々とやり抜くようになってゆくと…「聡明な友人」 になれるでしょう。

「聡明な人」って素敵ですよ。

人生からできる限り心配事、不安、マイナスのイメージ、怒り事を少なくして、かわりに愉快な事、楽しくなる事、裕福な自分、やさしく思いやりのある自分を想い浮かべて暮らしましょう。

そうすると、きっと光の丘に立っている事でしょう。

“グチをチェック"

“口癖をチェック"

“気持ちいい…うれしい…を毎日一回は言いましょう”