社長のつぶやき

目的がはっきりすれば

2022.04.26

あるところに、貧しい母子家庭の家がありました。

母親は、いつも夜なべをして、針仕事をしていた。

娘が学校に行くようになったとき、その母親は娘にこう言いました。

「お母さんは、貧しくてあまり学校へも行けず、勉強ができなかった。だから、お前が学校に行ったら、どんな勉強をしてきたか、それを毎日私に教えて欲しい」と。

娘は、母親に教えるため、学校で必死に勉強をし、それを母親に毎晩伝えるということをくり返すうちに、とうとう学校で一番の成績になったという。

誰かに教えるために、勉強するということは、実は、自分自身が一番勉強になり、身に付く方法なんです。

教えるためには、自分がかなりのレベルで理解できていなければならないからです。

すると、必然的に必死で勉強するようになる。

何のために、勉強するのか、という、その目的がはっきりすれば、我々の頭脳はフル回転しだす。

教育において…

「どんな内容だったか教えて欲しい」は、魔法の言葉です。