社長のつぶやき

おかあさん

2022.04.16

「おかあさん ぶってもけってもかまわないから 僕を嫌いにならないで。

おかあさん おねがいだから僕の目をちゃんと見て。

おかあさん おまえを生まなければよかったなんていわないで 僕は今ちゃんと生きているんだから。

おかあさん 優しくなくてもいいから、僕に触って。

おかあさん 赤ちゃんの時抱いてくれたように抱いて。

おかあさん 僕の話にうなずいてくれないかなあ。

つらい、悲しい、もうダメ、お母さんの言葉ってそれしかないの。

赤い爪魔女みたい、ゴム手袋のお台所、お部屋のあちこちにある化粧品、僕の家のお母さんのにおい、僕の入れない世界で満ちている。

おかあさん お母さんの匂いが欲しい、優しい懐かしいにおいが。

おかあさん お願いだから手をつなごう、僕より先に歩いて行かないで。

おかあさん お願いだから一緒に歌おう、カラオケ屋じゃないよお家でだよ。

おかあさん 500円玉おいてくれるより、おにぎり一個のほうがうれしいのに。

おかあさん 笑わなくなったね、僕一日何度おかあさんが笑うかノートにつけているの」


悲痛な子供の声はおかあさんに届いただろうか.....