社長のつぶやき

「忘れる、馴れる」の能力を授けられた。

2022.04.09

神さまは私たち人間に「忘れる」と「馴(なれ)れる」という有難い能力を与えて下さった。


神は私にさまざまな試練を課されたが、その代わりに人一倍多い、「忘れる、馴れる」の能力を授けられた。


私が数々の試練に耐えてこられたのは、そのお蔭である。


私はそう考えて神に感謝しているのだ。


友達は「そんなのただのノーテンキってことじゃないの」というけれど。


そうだ、「ふざける」ことも、もしかしたら神様が「おまけ」として与えて下さった才能かもしれない。


忘れて、ふざけて、馴れる…。


「なるほど、それが生きるテクニックですか」


テクニックだなんて、そんな生やさしいものではない。


それは力だ。


元気を出す源泉である。


人生が苛酷であればあるほど、それは増幅される。


それを私は身をもって知ったのである。



《まだ生きている》


『人間の煩悩 (幻冬舎新書)』佐藤愛子