社長のつぶやき

人生を面白おかしく生きるには

2022.03.14

リカレント教育という言葉が、ようやく一般的になってから何年か経ちました。

リカレント教育とは、学校教育が終了してから、さらに学び直しをするということです。

学校教育は大学まで行ったとして、たかだか約20年です。

しかし、人生100年時代と言われている現在、その後の80年間を全く学ばずに生きていくとしたらどうなるでしょう。

この変化の激しい現代、時代の波に乗り遅れるどころか、時代錯誤の化石となってしまいます。

つまり、定年を待たずして、人生を消化試合のようにして生きることになるのです。

人生を面白おかしく生きるには「学び」が欠かせません。

学びとは、新しいことを知ろうとする「好奇心」であり、人生を豊かにするための教養を身につけることです。

そして、人間関係の構築に欠かせないのが「学び」です。

とりわけ、年を重ねてから「学び」がない人の話ほど、つまらないものはありません。

たいていが、「病気」や「体調」「むかし話」、「過去の人のうわさ話」に終始してしまいます。

いくつになっても、新しいことに興味を持って、学びを深め…

冒険心と好奇心いっぱいな大人でありたいと思います。