社長のつぶやき

有難屋吉兵衛

2022.02.14

昔、有難屋吉兵衛という男がいた。

この男、すこぶる楽天家であり、かつて不平不満を言ったことがなかった。

その吉兵衛がある日、急いで外出しようとしたところ鴨居に頭をぶつけ、饅頭のようなこぶをつくった。

しかし、痛いとも言わず、両手でこぶをおさえながら「有難い、有難い」と感謝するばかりだった。

これを見ていた隣人は怪しんで尋ねた。

「吉兵衛さん、あんたはこぶができるほどの怪我をしながら、何が有難いのじゃ」吉兵衛さんは答えた。

「有難いですよ。頭が割れても仕方がないのに、こぶぐらいで済んだんですもの。」