社長のつぶやき

因果の法則は誰も飛び越えることができない。

2022.02.02

あるとき百丈というお坊さんが説法をしていたら、一人の老人がやって来て、いつ も熱心に話を聴いていた。

あるとき、みんなが帰っても帰らない。

そこで、百丈が質問をするわけです。

「一体、あなたは誰か」と。

すると老人は言いました。

「自分は人間ではない。昔、この山に寺の住職として住んでいたものだ。

あるとき、修行者が私に問うた。

『和尚さん、大修行した人は因果律に落ちますか、 落ちませんか?』と。

すかさず私は答えた。

『不落因果、大修業した人間は因果律を飛び越えているから、因果律に落ちることはない』と。

そうしたら、たちまちにして野狐になってしまい、五百回も生まれ変わって今日に至ってしまった。

あのとき私は、本当はどう答えたらよかったのでしょうか?

どうか正しい見解を教えていただきたい」

そう言って、百丈に同じ問いを投げかけるんです。

「大修行した人は因果律に落ちるか、落ちないか?」と。

そこで百丈は即座に答えた。

「不昧因果」

すると、それを聞いた老人は一瞬にして悟った。

不昧因果とはどういうことでしょうか?

「不昧」というのは「くらまさず」という意味です。

だから、これは「因果の法則をくらましてはいけない」。

要するに、はっきりさせることだ、といっているわけです。

この言葉を聞いた老人は、野狐の身を脱することができた。

このあと百丈は裏山に死んだ野狐を見つけて、手厚く葬るんですね。

因果の法則は誰も飛び越えることができない。