社長のつぶやき

生きているうち

2022.01.27

鎌倉の円覚寺の禅道場の入口には板があり、次のように記されています。

「生死事大(しょうじじだい)

無常迅速(むじょうじんそく)

時人(ときひと)を待たず

謹(つつし)んで放逸(ほういつ)するなかれ」

古来、禅者はこの言葉に自らを叱咤し、 修行に励んできたといいますが、 この言葉はこの世に生を得たすべての人が 等しく反芻(はんすう)すべき言葉でしょう。

いわば、この世に生を得たすべての人に 与えられた公案といっていいと思います。

書家の相田みつをさんは この言葉を誰にでもわかる言葉で詩にされています。

「生きているうち

はたらけるうち

日のくれぬうち」

人生も半ばを過ぎると、こういう言葉が身に迫ってきます。