社長のつぶやき

9敗しても最後に1勝できれば成功である。

2022.01.15

失敗を恐れ、挑戦しようとしない人は多い。

しかし、本当の失敗とは、何も挑戦しなかったことをいう。

すべてのチャレンジはやってみなければわからないからだ。

やる前から、それは「無理」とか「できない」と決めつけている人は多い。

そして、できない理由を滔々(とうとう)と述べる。

できない理由を100万回並べたところで、できる方向には1ミリも進まない。

だからこそ、なぜ、できる方法、うまくいきそうな道、を見つけようとしないのか。

できないことにではなく、できることに焦点を当てようとしないのか。

できる方法をいくつも探し出し、それを繰り返し試してみることだ。

もし、仮に1万回失敗しようと、あきらめないかぎり、成功できる可能性は残っている。

希望はあるのだ。  斎藤 孝