社長のつぶやき

それがいつかを桜が決めているだけ

2021.12.21

作詞家のなかにし礼さんが、『恋のハレルヤ』という曲の中に、このような歌詞を書いています。

ハレルヤ 花が散っても

ハレルヤ 風のせいじゃない

桜の季節になると、天気予報でこのような話をすることがあります。

「桜の花が満開で見ごろになっています。しかし、今晩から雨がふり、散ってしまうかもしれません」

このことから、桜が散るのは雨や風のせいと思い込んでいるかもしれませんが、雨が降ったり、風が吹かなかったら、この桜は散らなかったのでしょうか。

桜は、風が吹こうが、雨が降ろうが関係なく、必ず自分の意思で散っています。

散る桜 残る桜も 散る桜

これは、良寛和尚が残した句です。

良寛和尚となかにし礼さんが到達した結論は、桜が自分の意思で散っているということ。

桜の花が夏まで咲いていることはありません。

風や雨がなくとも、自分の意思で散ります。

それがいつかを桜が決めているだけ。