社長のつぶやき

「ゆだねる」

2021.12.22

『「この世に偶然はありません」精神世界のことを勉強し始めると、必ずこの言葉に出会います。

私ははこの言葉が大好きです。

「君とこうして出会ったのは、偶然ではないんだよね」というように使えますから。

偶然でないのなら、必然、それは運命ということになります。

すると運命は決まっているのだろうかと、考えてしまいませんか?

日本人はそのことを「ご縁があって、お会いした」とか「袖振り合うも他生の縁」という言葉で表してきました。

「ご縁を大切に」という言葉は、本当に意味深い、いい言葉だな、と思います。

昔の人は、知っていたのです。

人は決して偶然に出会うのではないことを…。

私たちは皆、必ず何か目的があって出会っているのです。

では、生まれる前から運命は決まっているのでしょうか?

はい、ぼくはそう思っています。

そう思うと、抵抗しないで、すべてを受け入れられるようになります。

「抵抗しない」というのは、スピリチュアルな本によく出てくるsurrenderのこと。

「ゆだねる」とも訳されます。

抵抗をやめると、「起こったことは、起こることになっていたのだから、すべてそのまま、ありがたく受け入れよう」ということになり、生きやすくなります。

「抵抗」しなければ、軋轢(あつれき)も起こりませんし、エネルギーを無駄に使う必要がありません。』(輪廻転生を信じると人生が変わる/ダイヤモンド社)より