社長のつぶやき

どんなに強い逆風であろうと

2021.12.11

日本電産会長、永守重信氏の話より




「苦しみがあれば、そのあとには必ず喜びがやってくる…それは私が子どもの頃、母がよくいい聞かせてくれた教えであった。

それから波瀾万丈の人生を歩んできて、たしかにそれは真実だと確信している。

人生とは、苦楽が交互に織りなす "サインカーブ”である。

多くの苦しみを経験したあとには、必ず大きな喜びがやってくる。

そして、大きな苦難を乗り越えた人にこそ、より多くの幸せが待っているのだ。

したがって困難や逆境のなかにいるときこそが、飛躍のチャンスなのだ。

だから、けっしてそこから逃げてはならない。

どんなに強い逆風であろうと、敢然と向き合い、それを乗り越えていくことだ。」