社長のつぶやき

遊び上手

2021.11.24

「遊びに行くのはモテに行くことだと私は信じている。

縄のれんや、煮干しをかじって立ち飲みする酒屋の店さきに行くのだって、どこかしらモテるために行くのである。

縄のれんのおばちゃんや、酒屋のおっさんが、笑顔を向けて歓迎し、たがいに気の合うことがうれしいのである。

酒を飲んで楽しいのは、私にとって、何のかざりもなく相手と共感できるときである。

そのためによく遊ぶのである。

私の人生は仕事で明け暮れはしたが、遊ぶのもまことによく遊んでいる。 これは、私のささやかな人生哲学たる、相手の身になることの初歩なのだ。

金を出すのはオレだというので相手を無視したところで、そこに何の楽しさがあるだろうか。

遊びというのは、大切なものである。

遊びのへたな人間は人にも好かれないし、商売もできない。

またとない時間を、その場にいる人たちとみんなで、より楽しく、よりほがらかに、 共感の笑いとともにすごさずして何の遊びだろう」

《遊びをせんとや生まれけん!》 本田宗一郎