社長のつぶやき

笑えば神様も喜ぶ。

2021.10.31

神様は喜ばれると嬉しい、という。

たとえば友人たちとドライブに出かけて、夕方に素晴らしい夕焼けに出会ったとする。

それを見て一人は、「わぁ、きれいな夕焼け!」と素直に喜んだ。

逆に、もう一人は、「今日のは、たいした夕焼けじゃないね。前に見たのがもっとすごかった」などとつまらないことを言って、まわりをシュンとさせた。

これは神様でなくて人間も同じで、素直に喜ぶ人の方が好かれるに決まっている。

また、「愛嬌(あいきょう)」がある人と、愛嬌が無い人がいる。

たとえば、愛嬌がある人は、失敗しても憎まれない。

「申し訳ないです」と小さくなって謝っても、「まあ、しょうがないね」と笑って許される。

しかし、反対に愛嬌がなくて「無愛想」な人は、謝ってもなかなか許してもらえない。

本気で謝っていると思われないからだ。

無愛想な人は、ふだんから、そっけなくて、つっけんどんだからだ。

そして、愛嬌がある人はいつも、ニコッとしていて、笑いがある。

それは、まわりを肯定しているということ。

だから、温かい雰囲気になる。

しかし、無愛想な人はいつも、ブスッとしていて、笑いがない。

それは、まわりを否定しているということ。

だから、ヒヤッと冷たい空気が流れる。

仲間内で大声で笑い合えば、すべてを肯定しているということ。

わかりあえているということ。

笑えば神様も喜ぶ。  小林正観