社長のつぶやき

地球は行動の星

2021.10.11

人を楽しませる商売をしている人、たとえば飲食店や商店の店主が、いつも不機嫌で、しかめっつらで、不幸そうな顔をしていたら、だれもその店には行かなくなる。

人を元気にさせるのが飲食店や商店の役目なのに、その真逆をやってしまっているからです。

このコロナ禍で、なかなかそんな気になれないとしても、いっぱいいっぱいになってしまっていては、笑顔も出せない。

そんなときに必要なのが、「未来は明るい」と思うこと。

必ず明るい未来がやってくると、心の底から思うこと。

すると不思議に余裕が出てくる。

まわりからは「ノーテンキ」だと思われようが、「極楽トンボ」と言われてもいい。

明るくて機嫌のいい人に、人は集まります。

明るくしていると、自分に不思議なパワーが出てくる。

そして人は、パワーがチャージされると、なにか新しいことにチャレンジしたくなるものです。

コロナ禍もそろそろ、1年半近くになる。

アフターコロナでは、この1年半の間に、何に挑戦したか、新しいことを始めたか、が問われる。

地球は行動の星。

「未来は明るい」を口ぐせとして…

何か一つでも、新しいことにチャレンジし行動する人でありたいですね。