社長のつぶやき

縁に従う人生

2021.09.12

「ご縁」という言葉は人間関係でよく使われますが、仕事も日常の細々(こまごま)したことも、 すべて“縁もの”。

私たちは「ご縁に導かれて行動する」ことで、人生はうまくいくようにできているのです。

逆にいうと、誰かと、何かとうまくいかない場合は、「縁がなかった」ということ。

たとえば入学できなかった学校や、就職できなかった会社、契約が結べなかった事案、打ち切りになった仕事、スケジュールが調整できずに断らざるをえなかったオファー、 親しく付き合うところまではいかなかった人......。

これらは、単に「縁がなかった」だけのことなのです。

そう考えると、すっきりし ませんか?

心が軽くなりませんか?

それにご縁に逆らって、無理やり何か事を進めたところで、うまくいきません。

たとえば実入りのいい仕事が入っても、すでにお受けした仕事があるなら、そちらを優先して断るべきでしょう。

損得勘定に従うと間違えます。

ご縁に従えば間違えること はありません。人生がうまく回るのです。