社長のつぶやき

「大丈夫」「心配するな」「なんとかなる」

2021.09.01

「困っても困らない」という珠玉の一文があります。

『ひろい世間である。

長い人生である。

その世間、その人生には、困難なこと、難儀なこと、苦しいこと、つらいこと、いろいろとある。

程度の差こそあれだれにでもある。

自分だけではない。

そんなときに、どう考えるか、どう処置するか、それによって、その人の幸不幸、飛躍か後退かがきまるといえる。

困ったことだ、どうしよう、どうしようもない、そう考え出せば、心が次第にせまくなり、せっかくの出る知恵も出なくなる。

今まで楽々と考えておったことでも、それがなかなか思いつかなくなってくるのである。

とどのつ まりは、原因も責任もすべて他に転嫁して、不満で心が暗くなり、不平でわが身を傷つける。

断じて行なえば、鬼神でもこれを避けるという。

困難を困難とせず、思いを新たに、決意をかたく歩めば、困難がかえって飛躍の土台石となるのである。

要は考え方である。

決意である。

困っても困らな いことである。

人間の心というものは、孫悟空の如意棒(にょいぼう)のように、まことに伸縮自在である。

その自在な心で、困難なときにこそ、かえってみずからの夢を開拓するという力強い道を歩みたい。』


一休宗純(そうじゅん)禅師が、亡くなる前、弟子達に三巻の遺言を残したという。

もし、寺でどうにもならないほど、困ったことがあったら、この三巻の遺言を開けなさい、と。

一休禅師が亡くなって何年かして、お寺にほんとうに困ったことが起こり、その遺言書を開けることになった。

すると…

一巻目には「大丈夫」

二巻目には「心配するな」

三巻目には「何とかなる」

と、書いてあったという。

嫌なことや、困難なこと、心配事から逃げれば逃げるほど、それらに追いかけられる。

同じような、嫌なこと、困難、心配事がまた起こるということだ。

人生に起こる様々な問題は、生まれる前に、自分が自分に設定してきたといわれる。

その問題を乗り越えることによって、自分が成長するためだ。

そのため、自分に必要な問題は、何回でも繰り返し、それを乗り越えるまでやってくる。

だからこそ、すべての困難や心配事は、「大丈夫」「心配するな」「なんとかなる」。

心配またよし、困っても困らない、という気持ちで日々過ごしたいですね。