社長のつぶやき

「ジャッジしないことの大切さ」

2021.08.27

悩みや不安の根本的な原因は、どこにあるのでしょう?

大きな理由の一つは「いつも他人と比べてしまっている」というところにあると、私は考えています。

「他人と自分」という関係に悩み、過分に苦しめられているのです。   

この悩みに対して、とても有効な方法が一つあります。

それは「ジャッジフリー」という思考を取り入れることです。

「ジャッジフリー」ってどういうこと?と思われる方も多いでしょう。

「ジャッジ」とは「判定する」「判断を下す」という意味の言葉。

さらに言うなら「何が正しいのかを決める」という意味合いを含んでいます。

この「ジャッジすることを、意識的にやめる」というのが「ジャッジフリー」という思考です。

じつは、私たちはさまざまな局面で、この「ジャッジ」という。 な局面で、この「ジャッジ」というものをほとんど無意識にしてしまっています。

優劣をつけ、勝ち負けを意識し、上に見たり、下に見たりしているということです。

●お金がある人は幸せ。ない人は不幸。

●顔がいい人は幸せ。そうでない人は不幸。

●仕事で評価されている人は偉い。されていない人はダメ。

●友人が多い人は素敵。少ない人は寂しい。

●話が上手な人はかっこいい。ロべたな人はかっこ悪い。

こんなふうに、数え上げればキリがないほど、世の中は「ジャッジ」にあふれています。

精神科のクリニックにも、こうした「ジャッジ」に苦しんでいる人がたくさんます。

そんなとき私は患者さんたちに「自分で勝手に優劣をつけてしまっているだけでは ありませんか?」と問いかけ、「その行為をしている事実」をまず理解してもらうよう努めます。

そして「ジャッジしないことの大切さ」をていねいにお話ししていきます。

ジャッジフリーという言葉は私の造語なのですが、ストレスのない生活を「ストレスフリー」なんて言うでしょう。

そのストレスを生み出している原因の一つが「ジャッ ジ」にあります。

ですから、ストレスフリーを目指すなら、まず「ジャッジフリー」から始めてみてほしいのです。   精神科医、野村総一郎氏