社長のつぶやき

キリ時が大事

2021.08.19

たとえば、仕事の資料づくりに没頭し、キリのいいところまで終わったので、いったん休憩することに。

ところが、お茶を飲んだり人と話したりSNSをチェックし ているうちに、作業に戻るのがだんだんおっくうになってくる。

そろそろ作業を再開しなくちゃ。

でも今日はけっこうがんばったから、もうちょっ と休んでもいいか。

そんなせめぎ合いを何ターンか繰り返した末になんとか同じ作業を再開したときは、休憩に入ってから相当な時間が経過していた。

しかも、いざ再開したものの、どうにもやる気が乗ってこない......。

これと似たような経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

キリのいいところで作業をやめたら、せっかくの集中もそこでプッンと切れてしまう。

これを解消するには、いったいどうすればいいでしょうか。

答えは、「作業をやめるときは、あえてキリの悪いところ"でやめる」ことです。

いったいどういうことなのか、ご説明しましょう。

もう一度想像してみてください。

あなたは大切な仕事の企画書をつくっているとします。

複雑でボリュームも多いので、集中して作業をしているにもかかわらずなかなか終わりません。

そこであなたはいったん休憩することにする。

しかも、1枚目の終りや項目の終わりといったキリのいいところではなく、思い切って、“文章の途中”でやめてしまう。

すると、どうしたことでしょう。

休憩しているあいだもその文章のことが完全には頭から離れず、「次はどんなふうに展開していこうかな......」と頭の片隅で無意識に考えてしまう。

まさにパソコンのスリープの状態に近いかもしれません。

表面上は停止しているように見えつつも、バックグラウンドでは動いている状態です。

いざ作業を再開すると、頭の片隅で気になっていただけに、ごく自然にまた作業に向かえるし、中断前の集中状態にもすんなり入れるというわけです。

このように、やり切ったことよりも達成できていないことのほうが、より強い印象として残るという現象を、「ツァイガルニク効果」と呼びます。

そしてじつはこれ、集中力が高いといわれる人ほど実行していたりするんです。

『あなたの脳のしつけ方』青春文庫