社長のつぶやき

幸せとは、私たちの中にある思いです。

2021.08.09

幸せとは、私たちの中にある思いです。

つまり、もしあなたが幸せになると決めれば、得られるものなのです。

もし、自分の内側に幸せを持つことができれば、あなたは何をしていても幸せでいられます。

仕事に幸せを感じることができます。

人間関係においても幸せを得られます。

どんなことをしても、あなたはただ幸せなのです。

幸せになろうと努力する必要もありません。

しかし、この問題について考える時、人々はとても混乱していることに、私は気づきました。

人々は自分の感じることや、自分の体験していることを、自分の外側のことのせいにしがちで、次のように言うのです。

「あなたが、私の感情を傷つけるのよ。あなたが、私の気分を悪くさせるの。あなたが、私を当惑させるの。あなたが、今日、私を不幸にしたのよ」

あるいはこうも言うでしょう。

「世界中で起こっている争いが、私にストレスを感じさせる。ホワイトハウスの住人が誰であるかによって、私は気分が悪くなる。株式市場の動向が、私の気分を滅入らせる」

しかし、実際のところ、この地球上において、何事も誰かの気を動転させたり、気分を落ち込ませたり、不幸にしたりはできないのです。

もし、あなたが本当に幸せな人間になりたかったら、最初にしなければならないことは、 次の考えを本当に理解して取り入れることです。

あなたが人生で体験することのすべては、あなたが外側の世界の物事をどのように認識するかの結果です。

言い換えれば、自分の人生のすべてに責任を取らなければならない、ということです。

私にとっては、responsibility (責任)という言葉は「自分はできると思って応答する(responding with ability)」ということです。

それは「自分はできないと思って応答する(responding with disability)」ということではありません。

それでは、respondisability ということになってしまいます。

私は応答する能力を持っている、私は能力があり応答できる、ということが責任の意味 です。

自分の人生に起こることすべてに責任を持つこと。

それこそが、私が何年も費やして、 教えようとしてきたことなのです。

『運のいい人だけが知っていること: いつでも自分の庭を耕しなさい (単行本)』三笠書房