社長のつぶやき

深さのある人の言葉には、花の香りのような余韻が残る

2021.07.30

人物について 、中国明代の儒学者である呂新吾(ろしんご)が 名著『呻吟語』で語っている。

深沈厚重(しんちんこうじゅう)、是第一等素質 (これだいいっとうのそしつ)

磊落豪遊(らいらくごうゆう)、是第二等素質

聡明才弁(そうめいさいべん)、是第三等素質

安岡正篤師はそれをこう説明しています。

第一等の人物は、「深沈厚重」で、どっしりと落ち着いて深みのある人物。

細事にこだわらない豪放磊落な人物は第二等。

頭が切れて弁の立つ人物は第三等である、と。

深くて沈みがあって、しかも厚みがあり、どっしりとするには、負けたり、失敗したり、苦渋の経験を多くした人です。

幾多の困難や失敗を乗り越えてきた人には、いぶし銀のような深さがある。

深さのある人の言葉には、花の香りのような余韻が残る。