社長のつぶやき

いつでも上機嫌で過ごす方法

2021.07.22

《いつでも上機嫌で過ごす方法》

気分は毎日の活動、お金、地位、個人的な関係よりも重要なものといえます。

というのは、誰もがこれからのことを気分のフィルターを通してみているからです。

これはカリフォルニア州立大学のロバート・セイヤーの著書『毎日を気分よく過ごすために』(本明寛訳、三田出版会)からの引用です。

どんな偉業を達成しようが、どれほど富を築こうが、気分が落ち込んでいたら、そんなことはどうでもよくなる。

逆に、明るい気分でいれば、最悪の状況に陥っても、何とか乗り越えられるという楽観性を持つことができる。

幸せでいるためには、毎日の気分がよくなければならない。

そのためには、いつでも上機嫌でいるクセをつけよう。

たとえ不機嫌なことがあっても、「上機嫌でいるフリ」をしよう。

鼻歌を歌いながらスキップし、「アハハ」と大きな笑い声を出して、上機嫌なフリをしていれば、気分のほうもつられて上機嫌になっていくからである。

私たちの気分は、行動によって引き出される。

ムリにでも笑っていると、本当に楽しい気分になっていくのだ。

心理学には、「顔面フィードバック仮説」というのがあり、笑顔の表情を作っていると、私たちの脳みそに喜びの信号がフィードバックされ、どんどん快適な気分になっていくことが知られています。

どれくらいやればいいのかというと、わずか1分間。

イリノイ大学のマヤ・タミールの実験では、たった1分間、笑顔を作らされたグルー プでは、気分のほうも高揚したというのである。

いつでも不機嫌な人は、眉根を寄せて、不機嫌な顔をしているのが悪い。

口角をあげ、ニコニコする表情を作るクセをつければ、気分もよくなり、上機嫌でいられる。

そして、上機嫌でいれば、世の中のどんな出来事も、ハッピーな気持ちで 受け入れることができるようになるのです。

トイレに立ったときには、鏡に向かって笑顔を作る習慣を持とう。

電車に揺られて出社するときにも、笑顔を作る練習をしよう。

笑顔の表情を作れば作るほど、みなさんの気分はよくなっていく。

「ウソだろう」と思われるかもしれないが、これは本当の話なんです。

ぜひお試しいた だきたい。