1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「何によって人に憶えられたい」?

2021.01.19

ドラッカーはこう語っている。

『私が13歳のとき、宗教の先生が生徒一人ひとりに「何によって人に憶えられたいかね」と聞いた。

誰も答えられなかった。

先生は笑いながらこう言った。

「いま答えられるとは思わない。

でも、50歳になって答えられないと問題だよ。

人生を無駄に過ごしたことになるからね。」

今日でも私は「何によって人に憶えられたいか」を自らに問い続ける。

これは自らの成長を促す問いである。

なぜならば、自らを異なる人物、そうなりうる人物として見るよう仕向けてくれるからである。』《非営利組織の経営》

著名人が亡くなったとき、死亡記事が新聞に出る。

その際、こんなエピソードがあったという。

『アルフレッド・ノーベルはノーベル賞を創設した人として有名だが、実はダイナマイトを発明した科学者であり発明家です。

1888年に兄が亡くなったとき、弟のノーベルと間違えて書かれた死亡記事が出ました。

そこには、「一瞬にして多くの人を殺害する方法を発明し、それによって富を築いた死の商人死す」とあった。

それを見て、ノーベルはその後の自分の生き方を改め、ノーベル賞をつくったという。

「何をもって人に憶えられたいか」は、人の一生において、重要なテーマです。

死の商人と言われるのか、ノーベル賞の創設者と言われるか。

人は、亡くなった後、この世に残していけるのは、「人に与えた思い出」だけしかない。

人が憶えていてくれた「思い出」だけが、残るのだ。

人に与えたものが、「不平不満」「愚痴」「泣き言」や、「悲しみ」「怒り」「憎しみ」だけだったとしたら、こんな寂しい人生はない。

何も大きいことをする必要はない。

人の心に、「温かで優しい気持ち」「しあわせ」「楽しい」「笑い」や、「感謝」の気持ちを少しでも残すことができたら、こんな嬉しい人生はない。

「何をもって人に憶えられたいのか」を今一度、深く考えてみたい。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら