1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「面白そうだ」という感覚

2021.01.14

『若者や子供は、新しいものに目を輝かせる。

「面白い」というよりも、「可能性」のようなものに惹かれているのかもしれない。

つまり、「面白そうだ」という感覚である。

面白いかどうかは、試してみないとわからない。

だから「試してみたい」との欲求である。

子供が、なにを見ても、「やらせて」とせがむのを、大人は知っている。

逆に、大人になるほど、手を出してみても、自分の得にならない、という悟りを開いてしまうのだろう。

子供は「無知」であるから、知らないことが周囲に沢山ある。

それらを知ることが、「面白い」のだ。

おそらく、知識を得ることで自身が有利になれるとの「予感」があるためだろう。

知らないよりも知ることは有利だ。

他者との競争にも勝てるし、自身の将来の可能性を広げるだろう。

つまり、好奇心とは自分が「成長」するイメージを伴うものである。

この自身の「成長」が「面白い」と感じられるのは、躰を鍛えたり、技を磨くための練習が「面白い」ことにもつながる。

いずれ得られる満足を予感させる「面白さ」といえるものだ。』

他には「意外性」の「面白さ」があるという。

これは知性によるものだ。

また、「突飛」の「面白さ」や、「楽しい」という「面白さ」、「ほのぼの」という「面白さ」、「研究」という「面白さ」、「アウトプット」の「面白さ」、等々がある。

若いときから自分なりの「面白い」ものがない人は、歳を重ねたときは悲惨だ。

あったとしても、孫と遊ぶのが楽しい(面白い)という人は、孫が大きくなったらそれは消滅する。

だから、一人で楽しめるものがなければいけない。

それを安岡正篤師はこう語っている。

清末の名宰相、曾国藩(そうこくはん)の言葉に四耐がある。

「耐冷、耐苦、耐煩、耐閑」の四つの耐であります。

その中の、「閑に耐える」ということは、なんでもないことのようで案外できない。

人間は昔から暇をもてあますなどと言うが、あまり学芸のない人などは、特にこの閑に弱い。

しかし、いろいろと精神生活が豊富になると、人間は逆に閑というものは非常に嬉しくなる。

そして、閑に耐えれられるようになるには、よほど人物の修行を要します。(酔古堂剣掃を読む / 致知出版)

学芸とは、何かの研究だったり、お茶とかお花という「道」の世界があるが、基本的には読書だ。

「読書」は、すればするほど、精神生活が豊かになる。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら