1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

お預かりしている命

2020.12.17

この世に生を受けてから人生をおえるまでの期間を、ふつう「寿命」といいます。

しかし、禅(仏教)では違ういい方をします。

「定命(じょうみょう)」です。

命の長さは生まれ落ちたその瞬間から“定められている”と考えるため、そう表現するのです。

もちろん、自分の定命がどのくらいの長さなのかは、誰にもわかりません。

たしかなことは、どんな命にも、必ず、終わりがあるということ。

これは避けようがありません。

では、命は誰のものでしょうか。

「自分の命なのだから、誰のものでもない。自分のものに決まっているじゃないか」

多くの人がそう思っているのではありませんか?

しかし、違うのです。

禅は命をこう考えます。

「仏様(ご先祖様)からの預かりもの」

いま、そこに、自分がいただいている命は、ご両親をはじめ、たくさんのご先祖様が永々(えいえい)と命をつないできてくれた結果としてあるのです。

そのうちのたった一人でも欠けていたら、いまの命はありません。

そのことを思ったら、“命は自分のもの”だなんていえますか?

ご先祖様たちのお陰様によって、いただいている。

ご先祖様からお預かりしている、という受け取り方ができるのではないでしょうか。

お預かりしている命だとしたら、自分勝手に扱うことはできませんね。

他人様(ひとさま)からなにかをお預かりしたら、お返しするまで大切に、扱うはずです。

命も同じ。

定命が尽きてお返しする瞬間まで、大切にしていくのが、当たり前の命との向き合い方でしょう。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら