1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「悪しき予言をした人」

2020.12.12

小林正観さんは、「悪しき予言をした人」は、悪魔の側に落ちた人だという。

それは、なぜならその悪しき予言が当たるように、その実現を願ってしまうからだ。

自分の、名誉のために、自分の信用のために、悪しきことを願ってしまう。

我々は、誰かに、予言をするなら「よき予言」をするといい。

よき予言をされて、気分が悪くなる人は誰もいない。

しかも、よき予言を言っている人も気持ちがいい。

つまり、それは神様の側についたということ。

世の中では、悪しき予言をする人は多くいる。

経済でも、景気でも、株でも、外交でも、コロナの予測でも、悲観的な予測をする人は、悪魔の側に落ちた人。

物事には両面がある。

つまり、悪い面があれば、必ず良い面がある。

どちらの側を予言するかだ。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら