1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

未来は神のみぞ知る。

2020.12.05

小林正観さんのこんな話があります。

『たまたま一ヶ月ほどの間に、何人かの人から同じ質問を受けました。

「私に向いている職業は、どんなものでしょうか。正観さん、教えてください」というものでした。

もちろん、その数人は現在無職であるということでした。

私の答えはすべての人に対して同じでした。

「自分で好きな仕事、嫌いな仕事とより分けているうちは、宇宙さんも神も仏も味方をしないような気がします」と言いました。

自分にまわってきたことをやる、やる羽目になったことをやる、たまたまなにかの縁で声をかけられたり、頼まれたりしたらそれをやる。

そういうふうに考えていったら、職業はなんでもいいのです。

向き不向きというのがあるとは思えません。

向き不向きと言うのは、もしかすると自分の奢り、高ぶりなのかもしれません。

どんな仕事でも、誠実に真面目にやる。

真摯(しんし)に取り組む。

それに尽きるのではないでしょうか。

楽しい仕事というのがあるわけではないのです。

そんな仕事にいきなり恵まれてる人は、世の中にいないと思います。

好きだ、嫌いだと言うのではなくて、やる羽目になったことを、ただ淡々とやること。

それを真面目に誠実にやり続けること。これに尽きると思います』

「デタラメに決める」というのは、「たのまれごと」の人生を生きるのと同じだ。

人から頼まれたことや、たまたまやる羽目になったことを、文句を言わずにただひたすら真摯にやっていく、という人生。

「デタラメに決める」ことは、投げやりになったり、無気力にやることではない。

決まったことに対し、それが運命だと受け止め、誠実に真面目に努力する。

まさに、それが「お任せして生きる」という生き方。

「ここから先は神の領域」と思ったとき、ああだこうだとグダグダ言うことはなくなる。

それがストンと腹落ちしたとき、宇宙も、神も仏も応援してくれる。

未来は神のみぞ知る。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら