1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「棺(かん)を覆(お)うて、人定(ひとさだ)まる」

2020.11.14

「浄玻璃(じょうはり)の鏡の前に立つまでは、秘めておきたしあのこともこのことも」(相田みつを)

人は、死ぬとき誰もが浄玻璃の鏡の前に立つという。

浄玻璃の鏡の前に立つと、一瞬にしてその人の人生が鏡に映し出される。

人に与えた苦しみや悲しみが多ければ、それを見て、身もだえするほどの苦しみとなる。

反対に、人に与えた喜びや楽しさが多ければ、それを見て、極楽にいるときのように楽しく、嬉しい気持ちになる。

どんな財産も車も豪邸も、社会的地位も、あの世には持っていけない。

また、自分の体も、自分の思い出も、あの世には持って行けない。

「棺(かん)を覆(お)うて、人定(ひとさだ)まる」

どれだけ多くのものを人々に与えたか…

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら