1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

ライト兄弟の失敗

2020.11.13

「鳥のように自由に空を飛びたい!」

この夢がかなうまで、人類は何十万年という月日を必要としました。

そして、1903年12月17日、アメリカ・ノースカロライナ州キティホーク…。

兄ウィルバー・ライト、弟オーヴィル・ライトの「ライト兄弟」が作り上げた世界初の飛行機、ライトフライヤー号は、この日、最初の飛行で12秒、その後4回の飛行を行い、最長で59秒の飛行に成功。

どれも1分に満たない飛行でした。

それでも、これが、人類が自由に空を飛べるつばさを手に入れた始まりでした。

そんな、歴史的な初飛行から9年後、兄ウィルバーはなくなり、残されたオーヴィルも、すっかり年を取りました。

そして、思います。

「あ~あ、まちがっちゃったなあ」

ライト兄弟は、自分たちの飛行機の技術に「特許」を取っていました。

特許とは、簡単に言うと、「他人にまねさせない権利」のこと。

これにより、ライト兄弟の技術は、かれらにお金をはらわない限り、勝手に使えないものになりました。

しかし、飛行機は人類にとって夢の乗り物。

より速く、より遠くまで飛べるものを作ろうと、多くの人が熱心に研究していました。

当然、ライト兄弟の技術を参考に作られた飛行機も、次々とあらわれます。

すると、ライト兄弟はすかさず「おれたちの特許に似ている」と文句をつけたのです。

もちろん相手も「いや、自分たちで考えたものだ」と言い返す。

こうして、どちらが行っていることが正しいのかを判断するための裁判が始まります。

ライト兄弟は、このような裁判に時間を取られるようになり、飛行機を改良する時間を持てなくなってしまいます。

その間も、他のライバルたちによって飛行機の技術はどんどん上がっていき、ライト兄弟の技術は、どんどん時代遅れになっていきました。

飛行機の大会に出ても、彼らの飛行機は良い成績を残せなくなり、そんな中、兄ウイルヴァーがわずか45才で亡くなってしまいます。

その3年後には、弟オーヴィルも飛行機作りをやめ、ライト兄弟は飛行機の世界から完全に姿を消してしまいました。

ライト兄弟の本当の失敗は、「成功をうまく使えなかった失敗」です。

ライト兄弟は、初飛行を成功させるまで何年もの間、苦労に苦労を重ねました。

ふたりの会話は飛行機のことばかり。

かれらはまさに人生をかけて、飛行機を完成させたのです。

だから、似たような飛行機を見て、許せない気持ちになるのもしかたありません。

でも、ひとつの成功にいつまでもこだわっていると、実は損をすることが多いのです。

成功とは、「守るもの」ではなく、次の成功のために「使うもの」。

たとえば、一生懸命、走り方を学び、たくさん練習して、大会で1位になったとします。

この後、「すげーだろう」と言うだけの人と、自分が速くなった方法をみんなに教える人。

どちらがより大きな成功をつかめると思いますか。

答えは、もちろん「みんなに教える人」。

このように、ひとつの成功から次の成功を作るには「分け与える」ことがポイントになります。

分けられるところは、分ける。

そうすれば、土に植えた種がやがて芽を出し、花をさかせ、たくさんの実を付けるように、成功も大きくなって、みんなの元へ帰ってくるでしょう。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら