1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

感動できない人間は行動もできない

2020.09.22

『眠狂四郎』を書いた、あの柴田先生が、戦争中、台湾とフィリピンの間のバシー海峡を輸送船で渡ろうとしていたとき、


アメリカの潜水艦にやられて、仲間は皆死んで柴田先生だけ生き残ったらしいんです。

そこでイラストレーターの横尾忠則さんが、ある時、「あなたは物書きでしょ。第二次大戦中にバシー海峡で船が沈められて、皆、死んでいったのに、あなたは助かった。


そんな貴重な体験をしていながら、物書きのくせになぜそのことを書かないんですか」と、柴田先生に聞いた。

そうしたら、柴田先生が言ったそうです。

「わしは漂流した時のことを、よく覚えていないんだ」と。

それで、横尾さんが、「そんなばかなことはないでしょ。漂流した時に『助かりたい』とか、いろいろなことを考えたでしょ」と言い返した。

その時に柴田先生が言った言葉がね、「いや、そうではない。わしはあの時、何も考えなかった」と、「考えたやつは皆死んでいったんだよ」と言った。

つまり、「頭は力ではない」んです。

だから、さっきの偏差値の話ですが、偏差値を磨けば磨くほど、人間の生きる力は弱くなる、それは私たちは十九年間、山にこもって実感したことです。

頭を使わないから元気が出るんです。

だから「下手な考え、休むに似たり」ですよ。

われわれは逆をやっています。

頭を磨き過ぎて生きる力を失ってきた。

理屈っぽくなった時は生きる力がなくなっています。

まず、理屈っぽくなると人間は行動しません。

頭を使う時は行動しない。

もともと頭というのは行動のブレーキの役目をするものなんです。

だから、石を投げるときに「この石はどこに落ちるんだろう」と考えたら、石は投げられませんよ。

「石はどこに落ちるかわからない」と思った瞬間に行動はできる。

つまり、頭は迷いをつくる場なんですよ。

だから、「感動」という字を見るとわかります。

感じさせるから動いているわけです。

考えさせたら動かない。

感じるから動くんです。

だから感動が行動の起爆剤なんですよ。

感動できない人間は行動もできないし、気骨も生まれてこない。

道元は「仏の道とは行動することだ」といっている。

「行」しかないとね。

感動と感性は「エモーション」という英語になるわけです。

ところが、エモーションというのは、もともとエモーチュといラテン語からきているんです。

で、ラテン語で「エ」というのは「外」のことです。

「モーチーオ」は実は「動き出す」ということです。

だから、「外に動き出せるもの」が「感動」なんです。

情が豊かでないと人間は行動しないと、言葉自身が教えてくれているんですよ。

『随処に主となる―自分の人生を自分が主人公として生きる (活学叢書)』致知出版社から

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら