1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

愛嬌力

2020.09.01

司馬遼太郎の小説の中にこんな一文があります。

「竜馬は英雄ですか」

「においはあるな」

「しかし、かれは学問はありませぬ」

「もろこしの項羽(こうう)は、文字は名を記するに足る、といった。


英雄の資質があれば、それで十分さ。書物などは学者に読ませておいてときどき話させ、よいと思えばそれを大勇猛心をもって実行するのが英雄だ。


なまじい学問などをやりすぎれば、英雄がしなびてくる」

竜馬も、ニコニコした。

その笑顔が、ひどく愛嬌があり、(おお、みごとな男じゃ)と西郷は思った。

漢(おとこ)は愛嬌こそ大事だと西郷は思っている。

鈴虫が草の露を慕うように万人がその愛嬌に慕い寄り、いつのまにか人を動かし世を動かし、大事をなすにいたる、と西郷はおもっている。

もっとも、西郷の哲学では、愛嬌とは女の愛嬌ではない。


無欲と至誠からにじみ出る分泌液だとおもっている。 《竜馬がゆく》 『人間というもの PHP文庫』より

パナソニックの創業者、松下幸之助氏は、松下政経塾の面接試験の選考基準を聞かれて、「運の強そうな人と、愛嬌のある人やな」と答えたという。

愛嬌のない人は、男女を問わず、とくに年長者からは好かれない。

可愛げがないからだ。

可愛げがない人は、プライドが高そうに見え、愛想がない。

いつもツンツンしているように見え、素直さがなくて、感謝が足りない。

そして、笑顔がない。

愛嬌のある人と一緒にいると、なぜかこちらも笑顔になり、ふわっとあたたかな気持ちに包まれる。

そして、また会いたくなる。

愛嬌力を磨きたいですよね。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら