1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「この人、嫌だなあ~」と思ったら

2020.08.23

斎藤一人さんの言葉より…



嫌な人から好かれたら、おかしな人間になってしまう。

だっておまわりさんが泥棒から好かれたら、おかしいでしょう?

嫌な人から好かれると、その人も嫌な人になります。

そうして嫌な人間とつきあっているから嫌な人生になってしまう。

嫌な人はまれにしかいません。

その“まれ”とわざわざつきあうことはありません。

ほとんどの人はふつうか、いい人なんだから、そっちとつきあえばいいんです。

「この人、嫌だなあ~」

と思ったら、はっきりと顔または声に出して、「NO!」と言っていいんです。

「NOと言ったら、相手の人を傷つけるから」

なんて言う人がいますが、傷ついているのは相手ではありません。

「NO」と言えないあなたです。

だいたい黒いものを黒いと言うだけなのに、なぜそんなに傷つくんでしょう?

我慢しても何もいいことはありません。

「我慢は美徳」などと言いますが、我慢からは「うらみ」しか生まれないんです。

ある人から、

「一人さんはどうして神様からこんなに味方されるんでしょう?」

と聞かれました。

自分でも「どうしてかな」と考えたんですが、それは神様が喜ぶようなことをしているからだと思います。

では神様が喜ぶことって何かな、と思ったとき、いろいろ思いつきましたが、嫌な人に「嫌」ということもその一つだと気づいたんです。

人に「NO!」というのは冷たい人間に思えます。

でも嫌な人に嫌な顔をせずに親切にしても、その人の嫌なところは直りっこない。

嫌な人は嫌な人です。

そういう人は自分で苦労して、嫌なところを直せばいいんです。

逆説的な言い方をすると、嫌な人に「嫌な奴」として接するあなたの気持ちを大切にすることが、相手のためにもなるんですね。

よく「どんな人にもいいところがある」という言い方をします。

それはたしかです。

嫌な人にも探せばいいところがある。

でもそれを探すのはあなたの役目ではありません。

なぜわざわざあなたがそんなことをしてあげなきゃいけないのか(笑)

あなたの周りにはいい人がたくさんいるんですよ。

あなたはその人たちと仲よく、楽しくしていればいいのです。

なぜあなたが犠牲を払ってまで嫌な人のために、嫌な思いをしながら、その人のいいところを探さなきゃいけないんでしょう?

嫌な人間にもある「いいところ」を探すのは、嫌な人自身にまかせておけばいい。

嫌な人は嫌われ、「NO!」と言われて、初めて自分で「これじゃいけない」と悟るんです。

一番いけないのは、嫌な人間から嫌われるのを恐れたり、その人から好かれようとしたりすることです。

その中でも一番最悪なのは、嫌な人間をいい人に変えようとすることです。

知り合いにも、暴力亭主と一緒にいて、相手につくして変えようとしていた女の人がいました。

何度も言いますけど、自分は変えられても、人は変えられません。

その人の場合も「離婚する」と言ったときだけ、亭主は反省して優しくなりますが、すぐ元に戻ってしまう。

私はその女の人にこう言いました。

「相手は直る必要なんかないんだよ。

直す必要があると思ったら自分で変わるよ。

亭主はそのままでいい。

ただあなたとは合わないから、あなたは別な人を探してください」

世の中には、その暴力亭主と合う人がいるかもしれない。

その亭主を見て「いい人だ」と思う人もいるでしょう。

「だけど、私はそう思わない。私はNO!です」

でいいんです。

嫌なものに「嫌」と言えないのは、口うるさい親に育てられ、親から嫌われるのを恐れている人に多いんです。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら