1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「戒語」

2020.08.17

良寛さんの「戒語」の中からいくつかを抜粋。(良寛禅師戒語)より

一、ことばの多き

一、はなしの長き

一、問わずがたり

一、てがらばなし

一、じまんばなし

一、おのが氏素性の高きを、人に語る

一、人のもの言いきらぬうちに、もの言う

一、さしで口

一、人の話のじゃまをする

「ことばの多き」とは、しゃべりすぎのこと。

「問わず語り」とは、人が尋ねないのに自分から語ること。

「差(さ)しで口」とは、でしゃばってよけいな口出しをすること。

「人のもの言いきらぬうちに、もの言う」とは、人がまだしゃべっているうちに、それをさえぎって話し出すこと。

これらの戒語の多くは、「俺が」「俺が」という自己中心的な考えを戒める言葉。

人は、どうしても自分のことを優先的に考えがちだ。

だから、利他ではなく、利己になってしまう。

伝教大師はそれを「忘己利他(もうこりた)」と言った。

自分のことは後回しにして、人に喜んでもらうことをしよう、ということ。

「話三分に聞き七分」という言葉があります。

人は、自分のことをしゃべりたくて仕方ない生き物。

だから、自分が話すのは3割にとどめ、7割聞くことに徹せよ、ということです。

「問わず語り」を自分の戒めとしたいですね。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら