1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

人を元気にさせる人

2020.08.15

小林正観さんは、「元気にさせてくれる人」、「エネルギーを与える人」はつぎのようなタイプの人だといってます。

「元気な人」

「明るい人」

「前向きな人」

「向上心をつねにもっている人」

「いまやっていることに自信を持っているけれど、うぬぼれたりせず、謙虚さを保ち続けている人」

「いままで積み重ねてきた体験をベースに、人格に深い魅力や奥行きを持っている人」

「一つのことを何年も何十年もやってきている人」

(心を軽くする言葉・文庫ぎんが堂)より

「人をがっかりさせる人」「人を嫌な気持ちにさせる人」は、嫌な言葉や冷たい言葉を使う。

ひと言いわれただけで、元気がなくなる。

奪う人です。

反対に「元気にさせてくれる人」は、与える人。

温かな言葉や、元気の出る言葉や笑顔を相手に与える。

また、それとは別に…

元気を与えてくれる人には、「何歳になっても何かに挑戦している人」や、「愚痴もいわず、何かをコツコツと何十年も続けている人」というような、「凡を極めて非凡に至った人」がいます。

凡事を徹底して、長くコツコツと続けることができた人です。

これは、商売でいうなら「老舗」の経営と同じです。

時代によって変えなければならないことは変え、変えてはいけないことはしっかりと守る。

その積み重ねの年月の重さが、人に元気を与える。

何千年と生き続ける老大木が人に感動を与えるのと同じです。

老舗が長く続くということは、その長い歳月、まわりの人たちに喜ばれてきたということ。

喜ばれ、役に立ってきたからこそ、存続できたんすね。

これは、人もまた同じです。

人を元気にさせる人でありたいですね。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら