1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「人生は、手ぶらで生きて、手ぶらで死ぬのがいい」

2020.08.04

禅語に「本来無一物(ほんらいむいちもつ)」というものがあります。

人は本来、いっさいのものを持たない、まったくの空(くう)、絶対的な無の存在である、ということです。

ですから、心に塵(ちり)やホコリが積もることもないし、煩悩(ぼんのう)もないし、悟りというものもないと、この禅語は教えています。

「体露金風(たいろきんぷう)」という禅語もあります。

「体露」とは生まれたままの姿のこと。

「金風」とは、気持ちのいい秋風のことです。

見栄や分別、欲を捨てて、生まれたままの赤ん坊のような気持ちでいれば、清々しく生きられると、この禅語はいっています。

人生ということに引き寄せていえば、なにも持たない裸で生まれてきて、やはり、なにも携えずに死んでいくのが人の人生というものなのだ、ということ。

「人生は、手ぶらで生きて、手ぶらで死ぬのがいい」

ということです。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら