1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

最初に、何が言いたいのかを伝える

2020.06.24

斎藤一人さんは、話し方についてこう語ってます。

『自分の意見を伝えたいときは、意見ではなくて“大見出し”を先にいうんだよ。

新聞や週刊誌に、「熱愛発覚」とかって大見出しに書いてあるだろう?

そうすると、芸能人の誰かが、交際してるのが見つかっちゃったんだなって、最初に思うんだよ。

それから、「女優の〇〇さんと俳優の△△さんが、昨日の夜、食事をしているのを…」と詳細を伝える。

会話でも、肝心なことを先に言えばいいの。

「仕事のことでおうかがいしたいことがあるんです」とか、「ここのところが上手くいかないので、お聞きしたいんです」と、まず言う。

要するに、肝心なことを先に言わないから、「何を言いたいのかがわからない」と思われちゃうんだよな。

テレビの見出しだろうが、週刊誌の見出しだろうが、相手へのつかみというのが必要なんだよ。

最初に、何が言いたいのかを伝える。

「実は東北のほうに旅行に行きたいんですけど、どこかいいところはありませんか?」と言えば、何を聞きたいのか明確にわかるよな。

最初にそれを話してから、だんだん細かくするんだよ。

これはマナーなの。』(斎藤一人 大富豪が教える大金持ちになる話し方)より

斎藤一人さんのお弟子さんが話すとき、講演の冒頭で「今日は〇〇について話します」と必ず言ってました。

これは聞く方にとっても、話す方にとっても、話があっちこちに飛び散らないで、シンプルにまとまるとてもいい方法です。

講演者はとかく、あれも伝えたい、これも伝えたいと欲張ってしまう。

しかし、実際その中でも伝わるのはほんのワンフレーズだけだと思った方がいい。

だからこそ、話の内容は削ぎ落して、伝えたいことを一つに絞る。

「ワンフレーズメッセージで相手を動かす」

20字に削ぎ落せば、話はもっと相手に伝わるはずです。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら