1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

ヒマは不安と絶望を呼び、行動は未来と希望を呼ぶ。

2020.06.03

斎藤一人さんは「不安」についてこう語る。

『この世の中にはどんなにいいことを並べられても、不安に思ってしまう不安症の人がいるんですね。

つまり、「世の中はどんどんダメになっていく」と考えるタイプの人間です。

そういう人はつねに不安に思うから、足がすくんで動けなくなってしまう。

動けないと行動ができないから、運が回ってこない。

そして不安に思うから不安な生活がきちゃうんです。

行動しないということ自体が、自分の未来を閉ざしてしまう。

だからもし、自分が不安症の人間だと思ったら、「自分が考えている悪いことは、本当は50分の1くらいしか起きないんだ」と思うようにしたらいいんです。

要するに「50倍にふくらませて感じているのだ」と自分に言い聞かせる。

そのことを意識するようになると、過剰反応している自分がだんだんバカらしくなってきて、そのうち不安に感じるのをやめるようになります。

本当は人生に困ったことは起きないんです。

だって自分の人生は自分の責任で決めているんだから、自分でも処理できないような困ったことなんて起こるはずがない。

世の中は生成発展するようにできているんです。

その流れに素直に乗っていればいい。』

結局、どんなに大きな困難や問題も、行動によってしか解決できない。

もちろん、このコロナのステイホームの状況で動き回れ、ということではない。

動かないでじっとしている中で、どういう行動をしたか、だ。

行動力があるとは、「好奇心がある」「失敗をこわがらない」「チャレンジ」「積極的」「ポジティブ」「勇気」ということ。

このコロナの制約下で、どんな新しいことを始めたのか、どんなことにチャレンジしたのか。

不安に思う人は、何も行動しないで、じっとしている。

じっとしていれば、不安が不安を呼び、心配で一杯になる。

ヒマは不安と絶望を呼び、行動は未来と希望を呼ぶ。

地球は行動の星。

だから、この地球上において、不安を解消するには、行動しかないんです。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら