1. トップ
  2. 社長のつぶやき
社長のつぶやき

「小事の思案は重くすべし」

2020.06.01

「 大事の思案は軽くすべし」の後には、「小事の思案は重くすべし」という言葉がくる。

そして、「武士は何事も七呼吸で決断せよ」という。

およそ十数秒だ。

大事の思案を軽くできる人は、普段から、肚を練って、自らを高めている人です。

大事は思わぬときにやってくる。

大災害だったり、今回のようなコロナ禍です。

突然の災難や疫病にもうろたえないで、速やかに判断し決断できるのが、肚ができている人であり、覚悟ができている人。

また、ささいなこと、とるに足りないようなことという「小事」をおろそかにしたばかりに、屋台骨が傾いてしまうということはよくある。

「千丈(せんじょう)の堤(つつみ)も蟻(あり)の一穴(けつ)から」

という言葉の通り、大きくて頑丈な堤防も、蟻がつくった小さな穴から崩れることもある。

ほんのわずかな不注意や油断が、大きな失敗につながるという戒めです。

だからこそ、常日頃、小事の思案は重くする必要があります。

その積み重ねが、非常のときの覚悟につながる。

覚悟ができれば、あとは、損得は関係ない。

自分の直感や縁のあるなしで考えずに決められる。

たまたま来た話(大事)や頼まれごとを、ニコッと笑って、「ご縁だから」「あなたに言われたらしかたない」「世のため人のため」と即断し、グズグズ言わずに引き受ける。

CONTACT
お問い合わせ

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

TEL.098-940-8358

メールでのお問い合わせはこちら